風車用雷撃検出カウンタ

WLC-S3-WRO-1

対象風車への落雷を正確に検知し時刻と極性を正確に記録

風車用雷撃検出カウンタ

3つの雷電流検出部を用いて対象物へ落雷した時刻と極性を検出し、カウントします。落雷時刻と極性はmicroSDに記録され、PCに取り込んで閲覧することができます。

特長

  • 動作原理

    精度が高い

    落雷により発生する磁界の大きさと方向から、落雷があった風車を正確に特定することが可能なため、近隣への落雷では風車が自動停止することがありません。

  • ロゴスキーコイル型の装置に比べて安価

  • 構造が単純なため設置が容易で、既に運転中の風力発電所にも取り付け可能

  • 洋上風力発電にも最適

仕様

形式名 雷サージ電流表示部
動作電流値 1kA(工場出荷時変更可)
周波数特性 1kHz~100kHz
電源 リチウム電池
電池寿命 1年(動作頻度により変化)
動作温度

-20~50℃

寸法
(W)×(H)×(D)mm
190×100.5×280
接続コネクタ部除く

形式名 受信装置
検出間隔 10ms(連続10回以内)
光信号伝送距離 最大50m
電源 DC5V
時間管理 GPS受信(誤差±1秒)
記録媒体

microSD

記録内容

検出時刻 動作ログ(1日4回)

警報出力

無電圧a接点(雷電流検出)、無電圧b接点(停電検出)

動作温度

-20~50℃

寸法
(W)×(H)×(D)mm
280×100.5×280
接続コネクタ部除く

カタログ・取扱説明書

名称 データ形式 データサイズ ダウンロード
雷害対策総合カタログ PDF 18.5MB ダウンロード

関連ページ

製品に関するご質問や見積依頼等お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせ先一覧
  • お問い合わせフォーム
  • 地震対策
  • ネットワーク
  • セキュリティ
  • ファシリティ
  • 建設・工事・保守
  • 雷害対策の基礎知識
  • 雷害特集
  • 雷リスク診断サービス
  • カタログダウンロード

お問い合わせはこちら 製品に関するご質問や見積依頼などお気軽にお問い合わせください