ここが危ない!雷害対策ポイント

電話回線・PBX

長いケーブルが集中するMDFや分電盤に雷被害リスクが高い傾向

電話回線・PBX

電話回線はビジネスのコミュニケーション基盤として、館内すべてにはりめぐらされており、雷害リスクの高いネットワークの定番でもあります。通信ケーブルが集中して接続されるMDFをはじめ、広範にわたる電話回線ネットワークを雷サージから防ぐために、保護対象ごとに適切なSPDの接地が必要です。

ここが危ない!
  • 通信ケーブルがMDFに集中

  • 広範にわたる電話回線ネットワーク

  • 電源ケーブル、通信ケーブルの接続が多数

対策ポイント

  • 信号ケーブルとMDFの間を信号用SPDで保護
  • 分電盤を電源用SPDで保護

対策システム例

電話回線ネットワークは、信号ケーブルと電源ケーブルが張りめぐらされており、電源、信号ケーブルに各種SPDを設置する必要があります。

対策システム例

電話回線・PBXの雷害対策向け製品

製品に関するご質問や見積依頼等お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせ先一覧
  • お問い合わせフォーム
  • 地震対策
  • ネットワーク
  • セキュリティ
  • ファシリティ
  • 建設・工事・保守
  • 雷リスク診断サービス
  • 雷害対策の基礎知識
  • カタログダウンロード

お問い合わせはこちら 製品に関するご質問や見積依頼などお気軽にお問い合わせください