昭電について

昭電について

日本全国の情報通信ネットワークを支えるインフラスペシャリスト、昭電。

昭電は、1965年に電子通信機器のエンジニアたちが立ち上げた、いわば50年前のベンチャー企業。その堅実で柔軟なエンジニアリング体制は幅広い顧客企業に認められ、従来の電子通信機器メーカーという枠を超えて発展してきました。 雷害対策や地震対策など、専門的アプローチで情報通信基盤を支える昭電の「スペシャル」なポイントを皆さんにご紹介します。

「災害に負けない暮らし」を支える昭電のテクノロジー

たとえば、情報ネットワークを災害から護ること

たとえば、情報ネットワークを災害から護ること

現代の暮らしに欠かせないコンピューターや携帯電話ですが、それをつないでいる通信ネットワークにとって実は雷や地震は天敵ともいえる存在。昭電の総合防災テクノロジーは、いつでもどこでも繋がることが当たり前の毎日を支えています。

鉄道のスムーズな運行を支えることも…

鉄道のスムーズな運行を支えることも…

電車がダイヤ通り正確な運行をするのは当たり前と思うかもしれませんが、実は日本の鉄道運行システムは、世界で極めて高い評価を受けるインフラの一つ。その一端を担っているのが昭電のテクノロジーです。信号機器を電流や電圧の異常から守り、事故防止とスムーズな運行を支えています。こうした技術は新幹線とともに海を渡り、台湾新幹線にも利用されています。

製品開発を支える世界トップクラスの試験設備

雷インパルス電流発生装置

雷インパルス電流発生装置

実際の落雷と同じレベルのエネルギーを発生させることが可能な、世界最大の雷インパルス電流発生装置です。200kAもの電流値でSPD・雷保護システムの性能試験ができる世界で唯一の試験装置で、昭電ではこの装置を用いて雷の被害を防ぐ製品の評価やシミュレーションを行っています。

三次元地震波発生装置

三次元地震波発生装置

阪神・淡路大震災などの地震波を再現できる国内最大級の振動試験設備です。前後・左右・上下に大きく振り動かすことが可能です。昭電ではこの装置を用いて、免震装置や各種フロアなど、地震対策製品の評価やシミュレーションを行っています。

イベント活動やメディアにおける昭電

イベントをはじめとする広報活動を積極的に展開

イベントをはじめとする広報活動を積極的に展開

「雷害対策」「地震対策」などのテーマを中心に、各種展示会に出展しています。例えばその一つ、電設工業展では、製品展示だけでなく避雷器(SPD)に模擬雷サージを印加してその効果を確認できるデモンストレーションや、通信設備の雷害対策方法を紹介するセミナーを開催。近年急増している雷被害についての認知を広める活動を積極的に行っています。

メディアミックスにより積極的なプロモーション活動

メディアミックスにより積極的なプロモーション活動

展示会やイベント以外に新聞や雑誌などへのPR活動を積極的に展開しています。雷害対策や地震対策、通信ネットワークなどメイン事業の関連広告の他、 企業広告により、「インフラ・スペシャリスト」としての昭電の姿を広く訴求。また、ホームページやカタログはPRツールとして、迅速・正確にお客様に届けられるよう、 管理・運営が行われています。

関連ページ

お問い合わせはこちら 製品に関するご質問や見積依頼などお気軽にお問い合わせください