ここが危ない!雷害対策ポイント

オフィス・OA機器

電源ケーブル、LANケーブルが入り乱れるPC周辺は雷被害リスクが集中

設置数の増加とともに小型・高性能化が進み、雷に対して脆弱化の傾向

オフィスでは、精密な半導体基盤を搭載したPCや複合機など多くの電子機器が利用され、電源線・通信線でつながったネットワークが構築されています。こうした機器は低圧電源に対応するため過電流・過電圧に脆弱で、雷被害リスクが高い傾向にあります。手軽に導入できるSPD製品・サンダーブロッカーは、OA機器の雷対策に有効です。

ここが危ない!
  • 小型・高密度な半導体を搭載したPCは、雷サージに対して極めて脆弱化している

  • HUB接続など複雑なLAN配線

  • PC・データのトラブルは、業務継続リスクに直結

対策ポイント

  • 電源部分に電源用サンダーブロッカーに設置してPCを保護
  • LAN部分に通信用サンダーブロッカーを設置してPCを保護
  • 分電盤を電源用サンダーブロッカーで保護

対策システム例

電源ケーブルや通信ケーブルといった雷サージの通り道にサンダーブロッカーを設置して、OA機器を護ります。

対策システム例

OA機器の雷害対策向け製品

製品に関するご質問や見積依頼等お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせ先一覧
  • お問い合わせフォーム
  • 地震対策
  • ネットワーク
  • セキュリティ
  • ファシリティ
  • 建設・工事・保守
  • オンラインショップ
  • 雷リスク診断サービス
  • 雷害特集
  • PV向けスペシャルコンテンツ
  •   
  • 雷害対策の基礎知識
  • カタログダウンロード

お問い合わせはこちら 製品に関するご質問や見積依頼などお気軽にお問い合わせください