雷の発生と雷撃の種類

雷害対策の方法[雷保護システム]SPDとは?

落雷時、オフィス機器を雷被害から守るには、「避雷針」だけではダメなんです!

近年、高度情報化社会の発展に伴い、落雷による情報通信システムの雷被害が増加しています。情報端末機器の小型化による雷への耐性低下や、ネットワーク化による雷サージの侵入ルートの複雑化など、雷リスクが増加しているのです。雷による機器の破壊がおこる仕組みから、それを防ぐSPDのしくみまで、分かりやすくご紹介します。

落雷による過電圧・過電流が機器に侵入?! それを防ぐのがSPD!

雷について

落雷により、各種線から雷サージが侵入

建物や建物の近くに落雷すると、電源線や通信線から雷サージが侵入してきます。雷サージのもつ過電流や過電圧によって、屋内に設置している機器や設備が破壊されます。
雷により各種通信機器や設備などが破損されると、それが火災や停電、システムダウンなどを引き起こします。最悪の場合には事業機会の損失などにつながる恐れがあります。

 

雷について

線を抜けば雷対策はOK?!

雷の被害を防ぐ方法としては、「電源を切る」だけでは対策になりません。
一般的に
・電源コンセントを抜く
・通信ケーブルを抜く
などの対策が有効ですが、ネットワーク化の進む現代では現実的とは言えません。

 

雷について

機器を雷から守る切り札、SPD

電源線も通信線も繋がっている状態で通信機器を守るために設置するのが、SPDと呼ばれる対策製品です。SPDは、サージ防護デバイス(Surge protective device)のことで、過電圧・過電流が機器に侵入するのを防ぎます。

 

雷について

SPDが雷サージを安全に放出

SPDを電源線と通信線に適切に取り付けることで、雷サージがSPDを経由してアースなどに流れます。これにより、電源線や通信線が繋がっている状態でも通信機器を安全に守ることができるのです。

 

主なSPDラインナップ

関連ページ

製品に関するご質問や見積依頼等お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせ先一覧
  • お問い合わせフォーム
  • 地震対策
  • ネットワーク
  • セキュリティ
  • ファシリティ
  • 建設・工事・保守
  • 雷リスク診断サービス
  • 雷害対策の基礎知識
  • カタログダウンロード

お問い合わせはこちら 製品に関するご質問や見積依頼などお気軽にお問い合わせください