雷の発生と雷撃の種類

雷害の仕組み雷の発生と雷撃の種類

雷とは何か、どのように被害をもたらすのかを知り、被害防止に役立てる

落雷は私たちの生活はもちろんのこと、企業活動にとっても大いなる脅威で、建物の破壊などの直接的な被害のみならず、建物内の機器の破壊にも備えなければなりません。雷が発生するしくみと雷撃の種類について、まずはご紹介します。

雷について

大気の気流や気圧の差から雷が発生

雷の種類は大きく3種類に分けられます。真夏の熱い日射が地表面付近の空気を熱し、上昇気流となって発生する「熱雷」、大気の冷気団と暖気団とが接触する境界線に添って発生する「界雷」、そして低気圧や台風の中心付近などの上昇気流の活発なところに発生する「渦雷」の3種類です。このように、大気の気流や気圧の差から雷が発生します。

雷雲と雷

雷雲と雷

雷について

落雷は雲から地表への放電現象

雲の中の電界が変化して電荷が分離し、上方にプラス電荷、下方にマイナス電荷がたまった雲が、「雷雲」となります。この雷雲のマイナス電荷から地表のプラス電荷に向けて放電される現象が「落雷」すなわち雷雲電荷と地表の電荷が中和する現象です。

雷撃の種類

雷撃の種類に応じた雷害対策を!

建物などを落雷被害から守るためには、受雷部(避雷針)などから構成される「外部雷保護システム」が有効ですが、電源線や通信線を伝って侵入してくる誘導雷には、対象物を保護するSPDの設置が必要になります。

  • 直撃雷
    直撃雷
    一般的な落雷で、雷放電による電流の大部分が人体や建築物・樹木などを通過します。人命を奪う、機械設備を破壊する、火災を発生させるなど、甚大な被害を引き起こします。
    対策
    建築物やその近隣に雷保護設備(雷保護システムなど)を設置する。
    受雷設備の接地抵抗値は極力低くする。
  • 誘導雷
    誘導雷
    電源線・通信線やアンテナなどに雷電流からの電磁誘導によって発生する高電圧で、機器の破壊を引き起こします。
    対策
    磁気遮蔽する。
    対象物にSPDを設置する。
  • 直撃雷
    逆流雷
    建造物への雷撃時、接地抵抗が十分低くないと、電源を供給している電源線及び通信線へ雷電流の一部が逆流雷として流出します。山頂負荷供給配電線で被害が多く生じます。
    対策
    雷撃場所の接地抵抗値を低減する。
    耐雷トランスやクラスⅠSPDを設置する。



関連ページ

製品に関するご質問や見積依頼等お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせ先一覧
  • お問い合わせフォーム
  • 地震対策
  • ネットワーク
  • セキュリティ
  • ファシリティ
  • 建設・工事・保守
  • 雷リスク診断サービス
  • 雷害対策の基礎知識
  • カタログダウンロード

お問い合わせはこちら 製品に関するご質問や見積依頼などお気軽にお問い合わせください