電源用

FLT-SECシリーズ

  • JIS C 5381-11  クラス1
  •  クラス1
  • JIS  クラス2
  • プラグイン
  • 故障表示機械
  • 警報接点機械
  • RoHS
  • UL
  • CE

JIS C 5381-11でIimp25kAまたは50kAのクラスⅠ・クラスⅡSPD

FLT-SEC外観写真

1極形のFLT-SEC-P-T1シリーズに加えて、複数極タイプのFLT-SEC-T1+T2シリーズがラインナップに加わりました。1相あたりのIimpが25kAと50kAのラインナップがあります。本体はプラグとベースで構成し、警報接点出力(機械式)と故障表示(機械式)を標準装備しています。またJIS C 5381-11への対応及び、CE、ULにも対応しています

 

特長

  • 続流遮断定格50kA

    Iimpが大きいギャップタイプでありながら、続流遮断定格50kAを実現しました。このため、短絡電流の大きな(50kA以下)電源回路でも接続が可能(続流とはSPDに雷サージ電流が通電された後、電源短絡が生じる現象のことを示します。)

  • 故障表示と警報接点

    故障表示機構と警報接点出力を標準装備

    故障時のリスクを最小限に抑えるため、故障表示機構と警報接点出力を標準装備しました。

  • 180度

    プラグは180°の回転が可能

    プラグは180°の回転が可能なため、電線が下から引き込まれた場合でも、SPDの表示(プラグ)は上向きにすることが可能です。


連結金具(オプション)

連結金具

FLT-SECシリーズと組み合わせる専用の連結金具

FLT-SECシリーズとFLT-SEC-P-T1-N/PE-350/100-FMを組み合わせる場合は、専用の連結金具(オプション)を用います。この場合、N-PE間に接続するFLT-SEC-P-T1-N/PE-350/100-FMは、梱包状態ではN端子側が上側となっているため、FLT-SECシリーズと組み合わせると、N端子側が下側となってしまい、表示が逆向きになります。そのため、この場合は、SEC-P-T1-N/PE-350/100-FMのプラグを逆向きに変えてください。


FLT-SECシリーズ1個とFLT-SEC-P-T1-N/PE-350/100-FMと組み合わせる場合 EJ-PLUS-2P
FLT-SECシリーズ2個とFLT-SEC-P-T1-N/PE-350/100-FMと組み合わせる場合 EJ-PLUS-3P
FLT-SECシリーズ3個とFLT-SEC-P-T1-N/PE-350/100-FMと組み合わせる場合 EJ-PLUS-4P

シリーズラインナップ

(FLT-SEC-P-T1シリーズ)
FLT-SEC-P-T1-1C- 350/25-FM ・ FLT-SEC-P-T1-1C-264/50-FM
・ FLT-SEC-P-T1-N/PE-350/100-FM

(FLT-SEC-T1+T2シリーズ)
FLT-SEC-T1+T2- 1S-350/25-FM ・ FLT-SEC-T1+T2- 2S-350/25-FM
・ FLT-SEC-T1+T2- 3S-350/25-FM

外観図(FLT-SEC-P-T1シリーズ)

FLT-SEC-P-T1外観図

外観図(FLT-SEC-T1+T2-3S-350/25-FM)

FLT-SEC-T1+T2外観図

仕様

形式 FLT-SEC-P-T1-1C-350/25-FM FLT-SEC-P-T1-1C-264/50-FM FLT-SEC-P-T1-N/PE-350/100-FM
試験規格 JIS C 5381-11
試験クラス クラスⅠ・クラスⅡ
適用回路 単相3線 中性線接地 100V/200V ●2台 ●2台 ●1台
単相2線 1線接地 100V ●1台 ●1台 ●1台
単相2線 1線接地 200V ●1台 ●1台 ●1台
単相2線 中性点接地 200V ●2台 ●2台 ●1台
三相3線 Δ結線 1線接地 200V ●2台 ●2台 ●1台
三相4線 Y結線 中性点接地 100V/173V ●3台 ●3台 ●1台
三相3線 Y結線 中性点接地 415V ●3台 ●1台
三相4線 Y結線 中性点接地 240V/415V ●3台 ●1台
防護モード※1 L-N L-N N-PE
最大連続使用電圧 Uc AC350V AC264V AC350V
インパルス放電電流 Ⅰimp
(10/350)
μs
L-N間 25kA 50kA
N-PE間 100kA
公称放電電流 Ⅰn L-N間 25kA 50kA
N-PE間 100kA
電圧防護レベル Up L-N間 1.5kV 2.5kV
N-PE間 1.5kV
続流遮断定格 L-N間 50kA -
N-PE間 100A
構造 プラグイン
故障表示 正常時:緑 故障時:赤
警報接点 機械式
指定するSPD分離器 短絡電流 100kA以下 ヒューズ
/ホルダ
S201312/ US221M(警報接点付き) US221(警報接点無し)
必要な数量 1セット 1セット
接続端子 指し込み端子
適用電線 5.5mm2~22mm2
推奨電線 ライン側8mm2 接地側14mm2以上
温度・湿度 動作温度および保存温度:-40℃~+80℃ 相対湿度:95%以下
取付方法 レール取付(35mm幅)
取付箇所 屋内または盤内
外形寸法 (mm) 35.6×95.2×74.5

形式 FLT-SEC-T1+T2-1S-350/25-FM FLT-SEC-T1+T2-2S-350/25-FM FLT-SEC-T1+T2-3S-350/25-FM
試験規格 JIS C 5381-11
試験クラス クラスⅠ・クラスⅡ
適用回路 単相3線 中性線接地 100V/200V ●1台
単相2線 1線接地 100V ●1台
単相2線 1線接地 200V ●1台
単相2線 中性点接地 200V ●1台
三相3線 Δ結線 1線接地 200V ●1台
三相4線 Y結線 中性点接地 100V/173V ●3台 ●1台
三相3線 Y結線 中性点接地 415V ●3台 ●1台
三相4線 Y結線 中性点接地 240V/415V ●3台 ●1台
防護モード※1 L-N・N-PE・L-PE
最大連続使用電圧 Uc AC350V
インパルス放電電流 Ⅰimp
(10/350)
μs
L-N間 25kA
N-PE間 100kA
公称放電電流 Ⅰn L-N間 25kA
N-PE間 100kA
電圧防護レベル Up L-N間 1.5kV
N-PE間 1.5kV
L-PE間 2.2kV
続流遮断定格 L-N間 25kA
N-PE間 100A
構造 プラグイン
故障表示 正常時:緑 故障時:赤
警報接点 機械式
指定するSPD分離器 短絡電流 100kA以下 ヒューズ
/ホルダ
S201312/ US221M(警報接点付き) US221(警報接点無し)
必要な数量 1セット 2セット 3セット
接続端子 指し込み端子
適用電線 5.5mm2~22mm2
推奨電線 ライン側8mm2 接地側14mm2以上
温度・湿度 動作温度および保存温度:-40℃~+80℃ 相対湿度:95%以下
取付方法 レール取付(35mm幅)
取付箇所 屋内または盤内
外形寸法 (mm) 71×95.2×74 106×95.2×74 142×95.2×74

※1:ラインはL、接地相はN、接地はEと表記します。

カタログ・取扱説明書

名称 データ形式 データサイズ ダウンロード
SPD及びSPD分離器の配線方法 PDF 0.3MB ダウンロード
雷害対策総合カタログ PDF 18.5MB ダウンロード
SPD製品ガイド PDF 10MB ダウンロード
CADデータ DXF ダウンロード

関連ページ

製品に関するご質問や見積依頼等お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせ先一覧
  • お問い合わせフォーム
  • 地震対策
  • ネットワーク
  • セキュリティ
  • ファシリティ
  • 建設・工事・保守
  • 雷害対策の基礎知識
  • 雷害特集
  •   
  • PV向けスペシャルコンテンツ
  • 雷リスク診断サービス
  • カタログダウンロード
  • CADダウンロード

お問い合わせはこちら 製品に関するご質問や見積依頼などお気軽にお問い合わせください