地震のしくみ

地震対策の基礎知識地震対策の方法

地震対策の三大工法

昭電の製品にも使われている代表的な地震対策の方法をご紹介します。

耐震工法

構造を強くして守る

地震で建築物や土木構造物が倒壊しないようにする「構造の強化」を意味します。現行の新耐震設計法は、地震動のレベルを中地震(人命、財産とも被害なく、建物は再使用可能)と大地震(建物は破損しても崩壊による人命の損傷なし)の二段階に分けて、建物の安全性をチェックします。

 

 この原理を用いた 主な昭電製品
PA型耐震フレーム
PB型耐震フレーム
SD式機器固定工法
耐震架フレーム

耐震工法イラスト

免震工法

水平方向の揺れを遮断して守る

地震動をある程度遮断することにより、機器や什器などの転倒や、振動に弱いコンピュータなどのシステムダウンを防止します。免震には、建屋免震、床免震、部分免震などコストや対策範囲によって使い分けされており、建屋免震では基礎部分に積層ゴムとダンパーの併用、床免震や部分免震ではベアリングやローラーなどが使用されています。主に水平方向の揺れに対応するタイプが多いです。

 

 この原理を用いた 主な昭電製品
【SD-2】 床免震システム
【SD-4】 高減衰免震装置
【SD-5】 ラック用免震装置
【SD-6】 ラック用免震装置 (ダンパー付)

免震工法イラスト

三次元免震

水平・上下方向の揺れを遮断して守る

水平だけでなく上下方向の揺れにも対応する免震構造で、特に重要機器や精密機器、美術品など一部分だけを対象とした三次元免震装置がほとんどです。建物全体は水平方向の免震構造とし、必要な部分だけ上下方向の揺れにも対応させる効率的な方法といえます。

 

 この原理を用いた 主な昭電製品
【SD-1】機器免震装置
【SD-4】高減衰免震装置

三次元免震イラスト

カタログ

名称 データ形式 データサイズ ダウンロード
地震対策総合カタログ PDF 4.1MB ダウンロード
耐震グッズガイド PDF 4.3MB ダウンロード

関連ページ

お問い合わせはこちら 製品に関するご質問や見積依頼などお気軽にお問い合わせください