企業の地震対策に不可欠な知識と製品をご紹介します

「3.11」や「1.17」などの大震災を契機として企業や公共施設における防災計画は大きく見直されました。大地震の被害低減と早期復旧に向けた対策をサポートすべく、昭電「地震特集」サイトでは、震災に関連する基礎知識やチェックシートなど、お客様の知見を豊かにするコンテンツをご用意しました。防災計画の強化や具体的な製品調達まで、幅広いご要望にお答えいたします。

大地震への警戒

日本において予想される大地震

幾度かの大きな震災を経て、地震はもはや日本全国どこにでも起こりうると認識されています。
特に、東海・東南海・南海地震の震源域が連動する南海トラフをはじめとして
近い将来発生すると予想される巨大地震への対策は全ての企業にとって共通の責務といえます。

日本において予想される大地震

巨大なプレート同士がぶつかり合う境界上に位置し、しかも域内に2,000もの活断層を抱える日本列島は、幾度となく巨大地震に見舞われてきました。今なお、東海や東南海、南海などでは高い地震発生率が示されています。地震はいつか必ずやってくる前提で、地震時の被害を最小限にとどめるための備えが企業に求められています。

日本周辺でぶつかり合うプレート群

BCP対策は、まずは地震被害の予想から

図は、今後30年以内(基準日:2018年1月1日)に、震度6弱以上の揺れに見舞われる確率を示した図で、色が赤いほど発生する確率が高いことを表します(文部科学省地震調査研究推進本部)。官公庁から発表されているこうした情報をもとに被害レベルを想定し、BCP(Business Continuity Plan)を策定します。

確率論的地震動予測地図 算定基準日:2018年1月1日
〈参考〉 地震調査研究推進本部

地震対策の基礎知識

まずは地震と地震対策について知ることから始めましょう

いつかやってくる地震に備え、できるだけ有効な対策をとるために、
まずは地震に関してよく知る必要があります。
地震発生のメカニズムから対策方法の種類まで、
お客さまの事業継続に必要な情報とともにご紹介します。

  • 地震のしくみ

    地震発生の原因と対策を、イラストとともに分かりやすく解説します。

  • 地震による被害について

    地震の被害状況やオフィスの地震対策チェックポイントをご紹介します。

  • BCPの策定

    大地震発生の予測地図とともに、BCPの必要性についてご紹介します。

  • 地震リスクマネジメント

    地震対策の優先順位や対策レベルの決定など、具体的な手順を示します。

  • 地震対策の方法

    昭電の製品にも使われている代表的な地震対策の方法をご紹介します。

  • 地震対策の用語辞典

    地震対策に取り組むうえで参考となる用語をご紹介します。

地震対策ポイント

では、どこにどんな対策をすればいいのか?

企業が取り組む地震対策は、社員の生命の安全を図るとともに、
企業の生命線ともいえる情報システムの保全も重要なテーマとなります。
ここでは、ロッカーやOA機器の転倒防止から、データの損失保護まで、
施設ごとの地震対策ポイントと最適な対策方法をご提案しております。

地震対策度チェック

あなたのオフィスの地震対策度を診断してみましょう

東京消防庁監修のチェックシートで今の地震対策の充実度をチェック!
全20問のチェック項目でお客様の対策レベルを判定します。

おすすめ製品のご紹介

代表的な地震対策製品をご紹介します

BCP最大のリスクである地震から重要機器を護る、それが昭電の地震対策製品の使命です。
国内有数の三次元地震波発生装置を活用して、より信頼性の高い製品を開発し、
三次元免震装置や耐震構造ダクトフロアなどを全国のデータセンターやサーバルームに納入しています。
機器そのものだけでなく、お客様のBCPを支える地震対策をご提案します。

コンピュータ機器の免震対策

ラック用免震装置

SD-5 typeⅢ

新機構採用で新機構採用で、
長周期地震動の変位制御を実現!
短周期・長周期地震動に対応

従来製品typeⅡの特長に加え、可動部にトリガー材を取り付けることで長周期地震動による変位制御を実現しました。

詳細を見る
コンピュータ機器の免震対策

ラック用免震装置

SD-5 typeⅡ

既設の場所でも自由に対応できる
コンパクトな
サーバラック用免震装置

常時待機方式でスタート機構がなく、水平方向の地震動に即応でき、特に直下型地震動などの短周期地震動に対して大きな効果を発揮します。

詳細を見る
フリーアクセスフロアの地震対策

フリーアクセスフロアの耐震工法

PA型耐震フレーム

より確かな安全性と
機能性を追求した
フリーアクセスフロアの耐震工法

コンピュータ室や通信機械室で特に地震対策が必要とされているフリーアクセスフロアに耐震性能を持たせ、フロアのズレや崩れを防止し、機器とフリーアクセスフロアの両方を守ります。

詳細を見る
OA機器・什器等の地震対策

机・キャスター付き機器の地震対策

キャストップ

キャスターに装着して
複合機・プリンタなどの
移動を抑止

オフィスの複合機やTV台、医療施設のベッド、医療機器などのキャスターの移動防止製品です。スリット入りなので本体を動かしたりせずに装着でき、事業を継続したまま地震対策を強化することが可能です。

詳細を見る

導入事例

コピー機・複合機の地震対策[某大手複合機メーカー様]

長周期地震動にも耐える「キャストップ」を大量導入

導入背景と効果

震災前より導入していたキャストップの効果を実感

某大手複合機メーカー様は自社製複合機の地震対策として、震災前に「低床キャストップ」を導入して頂いていた。その後発生した震災において、低床キャストップで固定していた複合機が長周期地震動でも大きな移動・転倒がなく、その効果を実感して頂いた。
また、他の大手複合機メーカー様やオフィス什器メーカー様からも同様な効果を実感して頂いた。

キャストップ設置写真

耐震グッズ[大手通信会社様、某製薬会社様]

耐震グッズで手軽に固定して地震対策を強化!

導入事例 ❶

什器・PCなどへ「耐震グッズ」による対策

某大手通信会社様は震災後、その被害を教訓として地震対策の強化を図った。対策方法として什器・PCなどへ「耐震グッズ」による対策を行った。 規模は全国数十拠点へ什器・複合機の地震対策を実施した。
 

導入事例 ❷

医療関連機器へ「耐震グッズ」による対策

某製薬会社様は研究用試験設備の地震対策を強化するため、社内の研究施設内にある医療関連機器へ「耐震グッズ」による対策を行った。

耐震グッズ設置写真

サーバーラックの地震対策[某大手クレジット会社様]

震災時にラック用免震装置「SD-5 typeⅡ」の効果を実感

導入背景と効果

東日本震災前に導入した免震装置の効果

東日本震災前にサーバーラック2台の地震対策として免震装置「SD-5 typeⅡ」を3ユニット導入していた。震災時、室内は大きく揺れたものの、免震装置の上に設置したサーバーラックは、免震装置の効果により揺れを抑えている様子が監視カメラから確認できた。
また、その他多くのユーザー様からも同様な効果を実感して頂いた。

ラック用免震装置 SD-5 typeⅡ設置写真

ラック用免震装置 SD-5 typeⅢ[某大手IT会社様]

長周期地震動にも高い効果!ラック用免震装置「SD-5 typeⅢ」

導入背景

長周期地震動に対応する免震装置を評価

某東日本震災以降、サーバーラックの地震対策の強化を目的に、ラック用免震装置「SD-5 typeⅢ」を導入。既存建物の中層階に重要サーバー機器が設置されているため、長周期地震動・短周期地震動の両方に効果を発揮する「SD-5 typeⅢ」 に決定した。

ラック用免震装置 SD-5 typeⅢ設置写真