ユニファイドコミュニケーション

NESQFAX FAX誤送信防止システム

ご利用中のFAX機はそのままで、立会い送信の手間をかけずに、FAX誤送信による情報漏えい対策が可能。さらに現状のFAX送信業務フローを変更する事なく導入が可能。

iPult

FAX誤送信防止システムにFAX番号と顧客番号(電話番号)を予め登録しておき、FAX送信時に宛先の文字認識(OCR)結果から検閲を行い、FAXの誤送信を防止するシステムです。FAX誤送信防止システムを導入する事で、1人でのFAX送信が可能となり、FAX送信時の複数人での立会いコストが削減出来ます。また、全支店の送信FAXをセンターで集中管理する事により、FAXの一元運用が可能です。

製品概要

NESQFAX

主な特長・メリット

  • FAX送信ワークフローの変更が不要

    送付状を使うだけなので、特殊な手順を行う必要がなく、運用フローには変更がない。

  • センター無人運転が可能。

    センターでの日常的な運用が不要であり、無人運転が可能。

  • 強固な誤送信防止対策(サーバで検閲を実施)

    宛先のFAX番号、送信枚数、送信日付、捺印の有無等を検閲。

  • 送信が完了後、FAX画像情報は、システムから即座に破棄

    ポリシーにより、一定期間蓄積も可能。

  • FAXエラー情報は送り元FAXに返信(CSID情報を活用)

  • 高信頼タイプとコンパクトタイプ(スタンドアロン)のラインナップ

    高信頼性タイプ:常用予備運用形態によりフォールトトレラント(無停止型)機能を実装。

  • 送受信とも対象のFAX機種不問

    現在運用中のFAX機をそのまま利用可能。

  • 新たなお客様のFAX番号の登録、削除も専用用紙から対応

    PCレスでFAX機のみで運用する事が可能。登録件数が多い場合は、PCブラウザからメンテナンス可能。

FAX送信フロー

各支店からお客様(顧客)にFAXをする際に、送付状に必要事項を記入して本店(センター)にFAXをする事で、送付状の検閲を行い本店(センター)からお客様にFAXを送信します。
※支店FAXから直接お客様FAXを送付出来ない仕組みを網側のサービスを活用して構築出来ます。

NESQFAX

送付状サンプル

専用の用紙は必要なく一般的なコピー用紙が利用できます。

NESQFAX

システム構成イメージ

NESQFAX

店のFAX機は現状のまま、センターにFAX誤送信防止システムを導入する事でシステムを構成します。公衆網の閉域サービスを活用する事で支店からお客様に直接FAX送信出来ない環境も構成出来ます。

公衆網閉域サービスとしてGSS(グループセキュリティサービス)やメンバーズネットなどがあります。支店からの発信はセンターのみ、受信はどこからでも可能のような設定が電話回線毎に設定できます。

仕様

ハードウェア

電源 1サーバ:430W(最大)
外形寸法 1サーバ:タワー型:W216×D540×H438
※オプションにより5Uラックマウント型への変更可能
質量 1サーバ:25.2kg(最大)
温度 10℃~35℃
湿度 8%~80%(但し結露なきこと)
対応回線キャパシティ PRI(INS1500)、BRI(INS64)、アナログ回線
1サーバ最小構成: 4アナログ/2BRI( 4ch)/2PRI(46ch)
1サーバ最大構成: 16アナログ/8BRI(16ch)/4PRI(92ch)
システム最大構成(サーバ5台): 80アナログ/40BRI(80ch)/20PRI(460ch)

ソフトウェア

登録FAX数(支店FAX台数) システム全体で50万件
登録ユーザ数(顧客数)
メンテナンス Webメンテナンス用途で Internet Explorer6/7/8が必要となります。

関連ページ

お問い合わせはこちら 製品に関するご質問や見積依頼などお気軽にお問い合わせください