最新情報

成田工場 太陽光発電所「BCP対策モデルパーク」がオープン

会社

2014年05月14日

成田工場 太陽光発電所「BCP対策モデルパーク」がオープン昭電ではこの度、成田工場にBCP対応の太陽光発電所「BCP対策モデルパーク」をオープンしました。防災・防犯対策製品を実装した年間発電量約10万 kWhの太陽光発電(PV)システムで、昭電の雷害対策・地震対策・ネットワーク・セキュリティ・ファシリティの各事業分野をご案内できる稼働展示施設で す。昭電では、豊富な実績とテクノロジーにより製品開発から施工・工事まで、お客様に最適なPVシステム向けワンストップソリューションをご提案していま す。お客様の施設運営を強化する製品の数々を実地でご覧ください。

施設概要

竣工年月日:2014年3月
発電容量:104.4kW (太陽光パネル容量290W/枚)
太陽光パネル枚数:360枚
年間発電量:約10万kWh(一般家庭17.5軒分の電力量)※一般社団法人 太陽光発電協会「表示に関する自主ルール」の年間5,650kWh/軒より
敷地面積:約1,900m2

主な展示製品

PV用シェルタ、PV用接続箱、外部雷保護システム、各種SPD、シェルタ用免震装置、侵入監視ソリューション ほか

「成田工場 太陽光発電所 BCP対策モデルパーク」ページ

見学方法

完全予約制のため、見学ご希望の方は、担当営業、もしくはホームページからお問い合わせください。
※競合各社様はご参加頂けない場合がございます。

お問い合わせはこちら 製品に関するご質問や見積依頼などお気軽にお問い合わせください